ここから本文です

「週刊女性自身2016年 3/22 号 雑誌」

地域 自治体名 小中学校周辺 地表面線量
(μSv/h) 土壌のセシウム137(Bq/m2) 危険度区分
県外 青森県 高舘PA   120 -
秋田県 花輪PA   180 -
中通り 福島市 渡利小学校 0.51 110,000 ☢
岳陽小学校 0.67 160,000 ☢
野田小学校 0.41 69,000 ☢
鎌田小学校 0.46 130,000 ☢
三河台小学校 0.28 64,000 ☢
岡山小学校 0.55 95,000 ☢
福島第一中学校 0.60 480,000 ☢☢
大森小学校 0.38 233,000 ☢☢
郡山市 日和田中学校 0.39 329,000 ☢☢
富田小学校 0.43 349,000 ☢☢
橘小学校 0.44 180,000 ☢
郡山第三中学校 0.52 438,000 ☢☢
桑野小学校 0.23 203,000 ☢☢
河内小学校 0.17 53,700 ☢
東芳小学校 0.24 73,600 ☢
二本松市 小浜中学校 0.59 508,000 ☢☢
川崎小学校 0.66 465,000 ☢☢
二本松第二中学 1.14 1,080,000 ☢☢☢
    〃 1.14 856,000 ☢☢☢
本宮市 和田小学校 0.95 665,000 ☢☢☢
    〃 1.00 581,000 ☢☢☢
本宮まゆみ小学 0.62 413,000 ☢☢
伊達市 富成小学校 0.44 72,000 ☢
月舘小学校 0.56 148,000 ☢
霊山中学校 0.98 618,000 ☢☢☢
小国小学校 0.91 107,000 ☢
石田小学校 0.32 178,000 ☢
川俣町 富田小学校 0.55 450,000 ☢☢
須賀川市 第一中学校 0.32 104,000 ☢
白河市 白河第一小学校 0.41 69,000 ☢
白河第二中学校 0.43 53,000 ☢
棚倉町 高野小学校 0.40 74,000 ☢
田村市 岩井沢小学校 0.46 145,000 ☢
古道小学校 0.30 60,000 ☢
西向小学校 0.27 74,000 ☢
☢ 40,000以上 不必要な被ばくを避けなければならない放射線管理区域。
日本の法律では、18歳未満の就労を禁止。飲食の禁止。
☢☢ 185,000~555,000 チェルノブイリでは移住の権利地域。
☢☢☢ 555,000以上 チェルノブイリでは移住の義務地域。
5年も経ったのに、除染しても!
「飲食禁止」の地域で普通に飲食している福島県民。
「18歳未満の就労禁止」の地域で普通にアルバイトしている福島の若者。
40,000Bq/m2以上の汚染は日本の法律で、「飲食禁止」「18歳未満の就労禁止」とされている事を
知っている県民は、1,000人に1人ぐらい?

日本は、原子力やめるべきだ!東芝原子力事業には、怨念を感じざるを得ない!

頑張れ!SHARP・メガソーラー!テリーゴー・HAYAKAWATOKUJI親衛隊!!!