ここから本文です

投稿コメント一覧 (5558コメント)

  • Google生成AIのGeminiに聞いてみた。

    シャープは、3DICの研究をしていますか。

    はい、シャープは3DICの研究開発を積極的に進めています。3DICとは、3次元積層ICの略称で、複数の半導体チップを垂直方向に積み重ねて一体化した集積回路です。シャープは、独自の「後工程3DICチップ技術」を開発し、2022年12月に量産を開始しました。

    この技術は、従来のLTPSガラス基板を進化させた「IGZO-TFT基板」を使用することで、チップ間の接続密度を大幅に向上させることができます。また、裏面に電源回路や入出力回路などを配置することで、チップの小型化や省電力化を実現することができます。

    シャープは、3DIC技術を次世代の情報通信機器や車載機器などに展開していく予定です。具体的には、スマートフォンやタブレット端末のディスプレイやカメラ、車載情報システムなどの用途に3DICチップを供給していく計画です。

    以下、シャープの3DICに関する具体的な取り組みをご紹介します。

    2021年3月: シャープは、3DIC技術に関する研究開発を強化するため、新たに「3DIC開発センター」を設立しました。

    2022年12月: シャープは、独自の「後工程3DICチップ技術」を開発し、量産を開始しました。

    2023年2月: シャープは、3DICチップを搭載したスマートフォン「AQUOS ZERO mini」を発売しました。

    2023年5月: シャープは、3DICチップを搭載した車載情報システムを開発し、自動車メーカーに提案を開始しました。

    シャープの3DIC技術は、情報通信機器や車載機器の性能向上に大きく貢献することが期待されています。今後、シャープはこの技術をさらに発展させ、様々な分野での応用を拡大していく予定です。

  • AIサーバー4割がホンハイグループ生産じゃ

  • エドモン・ドゥ・ロスチャイルド・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、包夏東氏は「AIの波は全ての船を押し上げる」と指摘。鴻海の場合、「株価上昇の主な要因は、AIサーバーの増強、AI関連ネットワーク機器へのさらなる進出、全般的なサーバーとPCの回復への高い期待だ」と分析した。
    (Bloomberg記事)

  • 未来の生成AIのスマホが凄い事になってくるみたいじゃな。

    Rabbit スタートアップ企業!はRabbit R1はアプリ無し。

    AI-Pinスタートアップ企業!は、ディスプレイ無し小さなプロジェクター。

    これからは喋るだけで生成AIによるアプリの無いスマホが、主流になるようだ。

    生成AIのGPT-PHoneは市場は現在4%2027年には40%10億台。

    AQUOS-PHoneも音声のみのアプリ無し生成AI頑張れ!

  • なぜエジプトでシャープは成功できたのか。
    工場敷地内に病院や工業学校や学生が工場内で実習も出来る。財閥企業のエルアラビとシャープが協業
    https://youtu.be/fGLnAESmGOY

    インドTV工場にSDPから協業バックアップ指導に派遣されるようですね。

  • RISC-VなんかリナックスをAndroidで使う感じだろ。

    アンドロイドのソフトセキュリティでどれだけ安全担保出来ているんだろうか。

    ARMは、ソフトじゃなくて、設計回路上でセキュリティする技術があるから、ハッカーは、太刀打ち出来ない。ARMじゃなきゃ自動運転車怖くて乗れないよ。

    ARMはソフトウエアセキュリティだけでなく、ハードウェアレベルでのセキュリティ機能も提供しています。代表的な技術として以下の3つが挙げられます。

    1. TrustZone

    TrustZoneは、ハードウェア上でセキュアな実行環境と非セキュアな実行環境を分離する技術です。具体的には、以下の機能を提供します。

    メモリ分離: セキュアな環境と非セキュアな環境のメモリ空間を分離し、互いにアクセスできないようにします。

    ペリフェラル分離: セキュアな環境と非セキュアな環境のペリフェラル(ハードウェアデバイス)を分離し、互いにアクセスできないようにします。

    実行モード分離: セキュアな環境と非セキュアな環境で異なる実行モードを使用し、互いに干渉できないようにします。

    TrustZoneは、モバイル端末、組み込みシステム、IoTデバイスなど、幅広い分野で利用されています。例えば、モバイル端末では、TrustZoneを使用して、決済情報などの機密データを保護することができます。

    2. Arm Confidential Compute

    Arm Confidential Computeは、データの暗号化と処理をハードウェアで行う技術です。具体的には、以下の機能を提供します。

    暗号化エンジン: データを暗号化するためのハードウェアアクセラレータを提供します。

    機密計算: 暗号化されたデータのまま処理を実行することができます。

    メモリ保護: 暗号化されたデータをメモリに格納し、不正アクセスから保護します。

    Arm Confidential Computeは、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能などの分野で利用されています。例えば、クラウドコンピューティングでは、Arm Confidential Computeを使用して、顧客データを安全に処理することができます。

    3. Cortex-M35P

    Cortex-M35Pは、耐タンパー性機能を備えたマイクロコントローラーです。具体的には、以下の機能を提供します。

    物理的な改ざん防止: ハードウェアの物理的な改ざんを防ぎます。

    メモリ保護: メモリへの不正アクセスを防ぎます。

    暗号化: データを暗号化して保護します。

    Cortex-M35Pは、医療機器、金融機器、産業用制御システムなどの分野で利用されています。例えば、医療機器では、Cortex-M35Pを使用して、患者データを安全に保護することができます。

    上記以外にも、ARMは様々なハードウェアセキュリティ機能を提供しています。これらの機能を組み合わせることで、より高度なセキュリティを実現することができます。

    ARMのハードウェアセキュリティ機能は、ソフトウエアセキュリティ対策だけでは十分に保護できない機密情報や重要システムを保護するのに役立ちます。
    (生成AIGemini)

  • 世界中のデータセンターの消費電力は1000Twh。

    世界中のAIデータセンター増加で2030年のデータセンターの消費電力は3000Twh〜5000Twhの3倍〜5倍予測。

    世界中の電力不足によりSHARPの産業用太陽光発電(無害無尽蔵エネルギー)は、まだまだ市場はデカいぞ。

  • インテルとの通常の半導体チップレットだけでなくGPUのガラス基板チップレットが成功したら第二のNvidiaになるかもじゃな。

  • Google生成AIのGeminiに聞いてみた。

    NvidiaのH100と比べブラックウェルHB100の性能は何倍ですか。

    ブラックウェルは、H100と比べて以下の点で大幅に向上しています。

    AI性能

    学習性能:4倍

    推論性能:30倍

    メモリ

    容量:H100の80GB HBM3に対し、B200は192GB HBM3e搭載

    帯域幅:H100の3.35TB/sに対し、B200は8TB/s

    その他

    トランジスタ数:H100の800億個に対し、Blackwellは1040億個

    ダイサイズ:H100の814mm2に対し、Blackwellは推定1058.2mm2

    NVLink:

    第4世代:双方向900GB/s

    第5世代:双方向1.8TB/s

    最大576基までスケールアップ可能

    具体的な性能向上

    具体的な性能向上は、ワークロードや環境によって異なりますが、NVIDIAが公開している資料によると、以下の例が挙げられます。

    画像認識: ResNet-50ベンチマークにおいて、従来のGPUと比べて30倍高速化

    自然言語処理: BERTベンチマークにおいて、従来のGPUと比べて5倍高速化

    高性能コンピューティング: 分子動力学シミュレーションにおいて、従来のGPUと比べて10倍高速化

    BlackwellはH100の後継機種であり、AI、HPC、データ分析など、様々なワークロードにおいて大幅な性能向上が実現されています。

    鴻海とNvidiaは協業しているのでブラックウェル優先供給してもらえるだろうな。

    億り人、エヌり人、アームり人、シャープり人増加中

  • 2024年6月3日

    シャープ株式会社

    AIデータセンター構築に向けた協議を開始

     シャープは、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)、Super Micro Computer Inc. (本社:米国カリフォルニア州、社長 兼 CEO:Charles Liang、以下 Supermicro)、およびデータセクション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:岩田 真一)と、AIデータセンター構築に向け協議を開始することに合意(以下 本合意)しました。

     AIが加速的に進化するなか、急増するAI処理に対応できるAIデータセンターの構築が求められています。一方、大規模なAI計算基盤を持つデータセンターを構築するにあたっては、最先端の演算装置の調達、設備の発熱を抑える高効率な冷却システムの整備、電力・場所の確保の3点が課題となります。これらの課題に素早く対応したAIデータセンターの構築を目指すべく、NVIDIA社の最先端のAI計算基盤を構築すること、また、Supermicroが発熱量に対応可能なプラットフォームを提供することを協議します。KDDIはネットワークの構築・運用をサポートし、電力の調達と場所の確保については、当社が堺市堺区などに保有する施設・設備の活用を検討するなど、各パートナー企業のアセットを集結することを、本合意に基づき協議してまいります。
    (SHARPニュースリリース記事)

  • アジア最大のAIデータセンターになるSDPは、鴻海と協業しているエヌビディアから最新のGPUのブラックウェルが供給される優位性がありますか。

    SDPでブラックウェルGPUが使われる可能性について

    現時点では、アジア最大のAIデータセンターとなる「SDP」で、鴻海と協業しているエヌビディアから最新GPUである「ブラックウェル」が供給されるかどうかは公式発表されていません。

    しかし、いくつかの情報から、その可能性は十分にあると考えられます。

    根拠となる情報:

    SDPの規模と目的: SDPは、2024年末までに5エクサフロップスの計算能力を持つ、アジア最大のAIデータセンターとなる予定です。この膨大な処理能力を実現するためには、最新かつ高性能なGPUが不可欠です。

    鴻海とエヌビディアの協業: 鴻海は、エヌビディアの主要なパートナー企業であり、AI関連製品の製造・販売を行っています。SDPのような大規模なプロジェクトにおいても、両社が協業して最新GPUを供給する可能性は高いです。

    ブラックウェルの性能: ブラックウェルは、エヌビディアが開発する次世代GPUであり、前世代のAmpereよりも大幅な性能向上を実現することが期待されています。AIデータセンターのような高負荷な環境においても、十分な性能を発揮することができるでしょう。

    一方で、以下の点も考慮する必要があります:

    ブラックウェルの発売時期: ブラックウェルの発売時期は、現時点では明確ではありません。2024年後半と予想されていますが、SDPの稼働予定時期と重なるかどうかは不透明です。

    コスト: ブラックウェルは、高性能なGPUであるため、価格も高くなります。SDPのような大規模なデータセンターでは、膨大な数のGPUが必要となるため、コスト面での課題も存在します。

    結論:

    現時点では、SDPでブラックウェルGPUが使われるかどうかは断言できません。しかし、上記の情報から、その可能性は十分にあると考えられます。今後の情報に注目する必要があります。

  • Google生成AIのGeminiに聞いてみた。

    シャープのSDPのAIデータセンターはどの様に、利益を上げていきますか。

    シャープの堺ディスプレイプロダクト(SDP)工場をAIデータセンターに転換することで期待される利益は以下の通りです。

    1. 収益源の多様化

    テレビ向け液晶パネル事業の縮小・撤退に伴い、シャープは新たな収益源の確保が急務となっていました。AIデータセンター事業は、従来の液晶パネル事業とは異なる分野への参入であり、収益源を多様化し、業績の安定化に繋げることが期待できます。

    2. AI技術の高度化

    シャープは、AIに関する研究開発にも力を入れており、AIデータセンター事業を通じて、自社のAI技術を高度化することが可能になります。また、データセンター事業を通じて蓄積されたデータやノウハウをAI技術の開発に活かすこともできます。

    3. 地域経済の活性化

    AIデータセンターの立地する堺市は、シャープの工場が撤退することで雇用流出などが懸念されていました。AIデータセンター事業の誘致は、新たな雇用創出や地域経済の活性化に繋げることが期待できます。

    4. 日本のAI産業の成長

    日本政府は、AIを国家戦略分野の一つに位置づけており、AI産業の育成に力を入れています。シャープのAIデータセンター事業は、日本のAI産業の成長を後押しする役割を果たすことが期待できます。

    具体的な利益としては、以下のようなものが挙げられます。

    データセンターの賃貸料収入

    AIソリューションの提供による収入

    データ分析サービスの提供による収入

    AI人材の育成・派遣による収入

    これらの利益は、シャープの業績向上に貢献するだけでなく、日本のAI産業全体の活性化にも繋がるものと期待されます。

    なお、AIデータセンター事業は、まだ立ち上がったばかりであり、具体的な収益や事業規模は明らかになっていません。今後の事業展開に注目されます。

    頑張れ!SDP-アジア最大のAIデータセンター!
    HAYAKAWATOKUJI親衛隊!!!

  • 生産停止後、SDPはインド有力企業への技術支援やAIデータセンター関連などへ事業転換する。オンラインで会見した呉柏勲(ごはくくん)社長兼最高経営責任者(CEO)は「今年度こそ全社で黒字化を成し遂げたい」と述べた。
    (IT Media NEWS)

  • シャープの呉CEOと生成AIのGeminiCEOなら、どんな違いの経営をAI革命に挑戦していきますか。日本語でお願いします。

    シャープの呉CEOと生成AIのGeminiCEOの経営の違いは以下の点で顕著になるでしょう。

    1. 経営理念

    呉CEO: 家電メーカーとしての伝統を守りつつ、革新的な技術開発とグローバル展開を推進することで、人々の生活を豊かにする。

    GeminiCEO: 生成AI技術を駆使して、社会課題の解決や新たな価値創造に貢献し、人類の未来を拓く。

    2. 戦略

    呉CEO: 家電製品の開発・販売に注力し、IoTやAIなどの先端技術を取り込みながら、高付加価値製品の開発を目指す。

    GeminiCEO: 生成AI技術の開発・ライセンス事業に注力し、様々な分野での応用例を探索し、新たなビジネスモデルを構築する。

    3. 組織

    呉CEO: 家電製品部門、研究開発部門、海外事業部門など、伝統的な事業部門を中心に構成される。

    GeminiCEO: データサイエンティスト、ソフトウェアエンジニア、研究者など、AI技術に精通した人材を中心に構成される。

    4. 文化

    呉CEO: 勤勉さ、チームワーク、顧客重視を重視する文化。

    GeminiCEO: 創造性、チャレンジ精神、オープンイノベーションを重視する文化。

    5. 経営課題

    呉CEO: 家電市場の競争激化、技術革新のスピードアップ、グローバル展開の難しさなど。

    GeminiCEO: 生成AI技術の倫理的な問題、技術的な課題、ビジネスモデルの確立など。

    AI革命への挑戦

    呉CEO: 家電製品にAI技術を取り込み、新たな価値創造を目指す。

    GeminiCEO: 生成AI技術を活用した新サービスを開発し、社会課題の解決に貢献する。

    両CEOの経営の違いは、それぞれの強みやビジョンに基づいており、どちらもAI革命に挑戦していく上で重要な役割を果たすでしょう。

  • Google生成AIのGeminiに聞いてみた。

    生成AIのGeminiがシャープのCEOになったなら、どのような事業変革を推し進めていきますか。日本語でお願いします。

    シャープのCEOとして私が推進する事業変革

    もし私がシャープのCEOだったら、以下の3つの柱を軸に事業変革を推し進めていきます。

    1. 人工知能(AI)技術の徹底活用

    シャープは世界トップレベルのディスプレイ技術を持つ企業です。この強みを活かし、AI技術を駆使した革新的な製品やサービスを開発していきます。具体的には、以下のような取り組みを推進します。

    AIを活用した次世代ディスプレイの開発: 例えば、ジェスチャーや眼球運動で操作できるディスプレイ、感情に合わせた映像を映し出すディスプレイ、学習機能を搭載したディスプレイなどが考えられます。

    AIとIoTを組み合わせたスマートホームソリューションの提供: 例えば、家電製品を自動で制御するシステム、ユーザーの健康状態を監視するシステム、省エネをサポートするシステムなどが考えられます。

    AIを用いたロボティクス事業の拡大: 例えば、介護や医療現場で活躍するロボット、家庭用ロボット、産業用ロボットなどが考えられます。

    2. 健康・医療事業への参入

    高齢化社会の進展や医療技術の進歩に伴い、健康・医療への需要はますます高まっています。シャープはこれまで培ってきた技術力とノウハウを活かし、健康・医療事業へ積極的に参入していきます。具体的には、以下のような取り組みを推進します。

    ウェアラブルデバイスによる健康管理サービスの提供: 例えば、心拍数や血圧を測定するデバイス、睡眠状態を記録するデバイス、歩数をカウントするデバイスなどが考えられます。

    AIを活用した診断支援システムの開発: 例えば、画像診断を補助するシステム、病状を予測するシステム、治療計画を立てるシステムなどが考えられます。

    遠隔医療システムの構築: 例えば、医師と患者がオンラインで診察できるシステム、自宅でリハビリできるシステム、服薬状況を監視できるシステムなどが考えられます。

    3. 環境問題への取り組み強化

    地球温暖化などの環境問題は人類にとって喫緊の課題です。シャープは環境負荷低減に積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献していきます。具体的には、以下のような取り組みを推進します。

    省エネ性能の高い製品の開発: 例えば、高効率な太陽光パネル、省電力な家電製品、エネルギー効率の高いディスプレイなどが考えられます。

    再生可能エネルギー事業の拡大: 例えば、太陽光発電事業、風力発電事業、地熱発電事業などが考えられます。

    リサイクル事業の推進: 例えば、家電製品のリサイクル、廃棄物のリサイクル、資源の再利用などが考えられます。

    これらの事業変革を成功させるためには、全社員の英知と努力が必要です。社員一人ひとりがイノベーションを起こす主体となり、シャープを世界トップレベルの企業へと成長させていくことが重要です。

    以上、私がシャープのCEOとして推進する事業変革です。シャープは100年以上の歴史を持つ伝統ある企業であり、今後も社会の発展に貢献していく企業であると確信しています。

    生成AIのGemini君は今シャープの取り組んでいる事とほぼ同じ意見かのう。

  • Google生成AIのGeminiに聞いてみた。

    シャープの事業変革はAI革命のど真ん中へ進化していきますか。

    シャープの事業変革がAI革命のど真ん中に深く入り込むかどうかは、現時点では断言できません。しかし、いくつかの要素から、シャープがAI革命の中核的なプレイヤーになる可能性は示唆されています。

    AI技術への積極的な投資

    シャープは、近年、AI技術への投資を積極的に進めています。2018年には、AI開発会社であるインフィニティループを買収し、2020年には、AIチップ開発会社であるエッジコアテクノロジーズに出資しました。また、シャープ独自のAI技術であるCogniBrainを開発し、家電製品や情報通信機器などに搭載しています。

    AIを活用した新事業の創出

    シャープは、AI技術を活用した新事業の創出にも力を入れています。例えば、AI-poweredヘルスケアソリューションや、AI-poweredロボットなどの開発に取り組んでいます。また、AI技術を活用したスマートホームやスマートファクトリーなどのソリューションも提供しています。

    AI人材の育成

    シャープは、AI人材の育成にも力を入れています。2020年には、AI人材育成プログラムを開始し、社内外のAI人材の育成に努めています。

    これらの要素から、シャープはAI革命のど真ん中に深く入り込む可能性を秘めていると言えるでしょう。しかし、AI革命の競争は激化しており、シャープが成功を収めるためには、AI技術の開発力や新事業創出能力をさらに高めていく必要があるでしょう。

    AI革命におけるシャープの強みと課題

    強み

    長年の家電製品開発経験に基づくノウハウ

    豊富なデータ資産

    世界規模の販売網

    課題

    AI技術開発競争の激化

    新事業創出能力の強化

    AI人材の確保

    AI革命におけるシャープの今後の展望

    シャープは、AI技術を活用した新事業の創出を通じて、事業変革を加速させ、AI革命の中核的なプレイヤーとなることを目指していくと考えられます。具体的には、AI-poweredヘルスケアソリューションや、AI-poweredロボットなどの分野において、さらなる事業拡大を図っていくでしょう。また、AI技術を活用したスマートホームやスマートファクトリーなどのソリューションも、積極的に展開していくと考えられます。

    シャープがAI革命の中核的なプレイヤーとなるためには、AI技術開発力や新事業創出能力をさらに高めていく必要があるでしょう。また、AI人材の確保も重要な課題となります。シャープがこれらの課題を克服し、AI技術を活用した新事業を成功させることができれば、AI革命のど真ん中に深く入り込むことができるでしょう。

    頑張れ!AI事業変革!
    HAYAKAWATOKUJI親衛隊!!!

  • Google生成AIのGeminiに聞いてみた。

    エッジAIのシャープの取組はどうですか。

    シャープは、エッジAI分野において積極的な取り組みを進めており、業界を牽引する存在になりつつあります。その中でも特筆すべきは以下の点です。

    1. 独自のエッジAIチップ「CE-LLM」の開発

    シャープは、エッジデバイス上で高度なAI処理を実現する独自のエッジAIチップ「CE-LLM」を開発しました。このチップは、低消費電力で高性能なAI処理が可能で、様々なエッジデバイスへの応用が期待されています。

    2. エッジAIプラットフォームの構築

    CE-LLMを活用したエッジAIプラットフォームを構築し、様々な企業や開発者に提供しています。このプラットフォームにより、ユーザーは容易にエッジAIアプリケーションを開発・運用することが可能になります。

    3. スタートアップ企業との連携

    エッジAI分野における技術力向上とエコシステムの活性化のため、スタートアップ企業との連携を積極的に推進しています。具体的には、CE-LLMの仕様を公開し、共同開発や技術支援を行うことで、新たなエッジAIアプリケーションの創出を目指しています。

    4. デモラボの開設

    エッジAI技術に関する理解を深めるために、デモラボを開設しています。デモラボでは、CE-LLMを用いた様々なアプリケーションを展示しており、来場者は実際に体験することができます。

    5. 研究開発への積極投資

    エッジAI技術のさらなる進化に向けて、研究開発への積極投資を行っています。具体的には、AIアルゴリズムの開発や、エッジデバイス向け最適化技術の研究などに注力しています。

    これらの取り組みの結果、シャープはエッジAI分野におけるリーディングカンパニーとしての地位を確立しつつあります。今後は、さらにエッジAI技術の進化と普及に貢献していくことが期待されています。

    頑張れ!エッジAI!HAYAKAWATOKUJI親衛隊!!!

本文はここまでです このページの先頭へ