ここから本文です

ナショナルのときはナショナルという組織に愛着があって、小売りも大事にして、その思想が素敵で付いていきたいと思う人が沢山いた。
それは経営人も商売人も株主も、昔から馴染みがある人なら分かるだろ?

ナショナルからパナソニックになって、パナ坊が消えた瞬間から決まってたんだよな。松下家が社長を退いた瞬間から決まってたんだよな。

パナソニックにナショナルを重ね、切り捨てなかった俺らが悪い。

テスラ、流行りが去れば減収減益だろうよ。電気自動車なんざ何処でも作れる。パナソニックは他所にはないと自慢できる、強みのある電池作れてんの?
大事なのはネームバリューじゃなく、商品の魅力やぞ。

特に家電、年配者はともかくパナソニックじゃないとイヤだと言う若者は少ない。若者は色々知ってるし、生まれたときから物にありふれて、目利きに優れている。その若者はパナソニックをあまり買わない。それがどういう事か分かるだろ。