IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

おはようございまーす。

連子か持分かで影響がでるかどうかの話。シツコクてスミマセン。
既に皆さんの意見出てますが、見落としでなければ1点論じられていない点があると思うのでコメントします。

本件は実質支配の連子になると思ってますが、万が一持分になった場合は私は目標株価を切り下げます。(5000円以上から3000円前後くらいに切り下げ)

理由は以下です。
①PL面では影響が(少)ないかもしれないが、CFでは影響が出る。
 つまり持分の場合は配当がなければCFがプラスに出ない。
(CFは税後益から計算され、そこでは増えますが、関係会社株式の簿価が
 増加する事で、CFがマイナスとなり、合計ゼロとなる)
②結果、既に私が記載したような妄想が描けない。
 妄想の中ではあまり自社Gで創出するキャッシュの事を書きません
 でしたが、昔のダブスコの決算資料にも出ていたように、利益+減価償却
 で、キャッシュが捻出出来て、それを投資に回せます。
 が、持分になると、決算書からの数字上では、WCP分のCFがプラスで
 出てこなくなるので、壮大な絵になりません。
 (WCPとしてキャシュ生んで投資しても数字上では出てこない。)
③②に近いですが、WCPが韓国市場に上場する事で、WCPグループが
 出来ると思っています。じゃないとWCPの株主から総スカン。
 WCP1社だけが持分対象だと影響少ないですが、WCPグループ全てが
 持分となると、いくつかある上昇エンジンのうち1つが失われたような
 感じになってしまうと考えます。

皆さんが言われているように、株価への影響はないように『見える』と思います。誰も分かりませんし、、、。ただ株価の評価はPERだけでなく、キャッシュフローベースでも当然(こちらが主流?)されますので、見えないところで出てくると考えています。
目標株価が3000円前後の人にはあまり関係ないとは思いますが、私のように欲丸出しの人には影響あり。社長も同じ考えと信じています。

Polyさんも私と同じように相当欲出してたんだろうな想像してます 笑(^_^)

  • >>2

    なるほど、ご意見、いつもありがたく読ませて頂きます。
    (会社の財務など)こういう分析が不得意なもんで皆さんの投稿、大変助かります。
    僕の場合、Wスコへの目標値を2000円(±100円)は確実だと見込んで、なおかつ3000円なら行けるかもと思っていて、それ以上(5000円とか7000円とか)は、夢を買うつもりで2~3割だけ売らずに残しておくつもりでしたが、seiさんを古参の皆様は、相当強気なんですね(^^;
    自分、正確な分析ではなく個人的な経験測をもとに出した目標値なのであてにならないかもですが、どう考えても今より上であることは1000%確実だと思う次第です。

  • >>2

    おはようございます^_^
    いつもありがとうございます^_^

    pacさんが書かれたことは、連結財務諸表上の話もさることながら、リアルなキャッシュフローの話でもあるかな.と。

    キャッシュマシーンとなりつつあるWCPさんが生み出すキャッシュ(税後利益と償却費)は、ぼーっとしてれば、配当で多く流出して、次の投資に振り向ける額は減ります。

    親会社ダブルスコープの好きなようには、次の投資には振り向けられない、とかありますね。

    もちろん配当はしばらく我慢してもらって、抑制して投資に振り向け、もっとWCPの価値を高めて株価に反映させることを納得してもらうということを考えましょうが、WCP株主に了解してもらうためには、親会社の持株比率、議決権がものをいう側面が強いこともまた事実です。

    WCP自身は後、膜の2系列分しか土地を持ってませんが、さらなる投資をするか、ずっとキャッシュマシーンとなるかも決めどこ。

    場合によっては、欧州にダブスコさんが工場作る時に、子会社WCPにも出資してもらうという手もありますが、これも他の株主の考えとのコンフリクトもあります。 ここも議決権かものを言う。

    とかいろいろありますが、そもそも転換社債出した時とか、上場するときの株価は、いわば企業価値かベースになってます。 企業価値とは、未来に入ってくるキャッシュをある利回りでディスカウントしたものが前提ですから、ダブスコさんにはいわば、未来入ってくるお金が株を売った対価として今時点で入ってきただけ。ということで、上場とか転換社債の転換で窮屈になったなと文句を言う話でもないとこですね。

    まあ今回一部ダブスコさんが手にした子会社の含み益 とは、未来のキャッシュのことなのです^_^

    生み出されたキャッシュを投資に振り向けるか配当するかを好きにできる度合いが高い、好きにできると言うと響きが悪ければ、親自分が考えている子会社の未来像を追求しやすい言うとこで合弁作る時には、マジョリティが欲しい、という話が昨日書いたぼくのマジョリティ病の話でした^_^

    なんか尻切れトンボだけど、ここまで!

    良い一日を^_^