IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

大勢に影響ないですが、良い事ばかり書いても何なので、1点悪い事を。

今回の売却益は多く(約40億円)が税金で持っていかれそうですね。

2018年12月期、2020年12月期の有報で単体決算を見てみました。
2017年~2019年は単体は黒字。2020年12月期で単体も大損出してますが、関係会社『評価』損です。実現損ではないので税務上の損にはなっていないと思われるため、今回の特益は全て益金で、それを相殺する税務上の繰越損はないものと思われます。

連結BSで繰り延べ税金資産があったので、もしや単体で繰り延べしている有効損があるかと期待しましたが、単体では繰延税金資産は計上されてませんでした。

今回の特別益は130億なので税率30%とすると他の損益がチャラだとすると約40億が税金。
116億円の借入返済して、税金払ったら、この売却代金(158億円)からは新規投資は出来ませんね。逆に、税金の払いも見越して、今回の譲渡株数を決めたようにも思います。(ほぼ丁度ピッタリなので)

ただ、前に書いたように、WCPの株を担保に新たにいくらでも借りられると思うので、大勢に影響はないかとは思います。

  • >>1230

    おはようございます^_^ 酒飲んで寝てました^_^

    にしてもなるほどー^_^
    分析がどんどん冴え渡って来ますね^_^

    良い情報や推理も、悪いそれも等しく板の上に並べて見ていけるここの板への参加の皆さんには感服するばかりです^_^

    ところで!今回chanさんが計算してくれたWPCの株のお値段の計算ベース1000億は、、前に僕がチョー粗い方法で計算してみた 擬似DCF法でこんなもんなかなと考えていた1000億円と一致しました^_^ (2000億ってのは少し違和感あるなーとの感覚からやってみた計算)

    今回の株価は、ザクッと今ののベースだけで算定、交渉されて決まったものかなとの推理を、しています。
    すなわち
    上記のあらっぽい計算は、今年の利益はこれくらい社長がおっしゃってたものから、キャッシュフローを想定したもので、

    今後の投資(キャッシュアウト)やそれに伴う今後の営業キャッシュフローの増は計算に入れていません。

    こいつを入れると、1000億とのEVはもっと上になるものと思いますが、如何でしょう?

    上振れ要素としては、今の新ラインのフル稼働化での上振れ
    残りの敷地に後、ニライン、約2億mの設備がザクっと200億円で作れるという投資余地があります。 コーティングするのでしょうが、ノンコートベースで1m2 が70円くらいとして あと140億円の売り上げ増です。 限界利益率が61%ですから、限界利益が、85億円/年増えるという寸法です。 なかなか楽しい拡大キャッシュフロー計算ができそうではありませんか?^_^

    ということで、次の中期計画の発表が楽しみなところです^_^

    酔った頭でグダグダ失礼しました^_^れ