IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

来年度には、中国駆動モーター工場が新設稼働開始、減速機年産300万台体制構築、米コンプレッサーメーカー連結対象などなど、増収増益要因が既に目白押し。また、今とは異次元の景色を見せてくれるでしょう。楽しみにとっておきます。