ここから本文です


東芝ようやく決算発表、378億円の最終赤字に

TBS系(JNN) 9月7日(月)12時4分配信
 不正な会計処理が問題となった東芝は、2度にわたって延期していた昨年度の決算を、7日朝、発表しました。1200億円の黒字を予想していた最終損益は378億円の赤字に転落しました。

 東芝は一連の不正会計の問題で、通常5月頃に行う2015年3月期の決算発表を2度にわたって延期し、7日朝まで発表できない異例の事態となっていました。

 発表によりますと、昨年度の連結決算は378億円の最終赤字となり、当初、東芝が予想していた1200億円の黒字から大きく赤字に転落しました。また一連の不正会計によって、過去7年間の決算でグループ全体で下方修正が必要な総額は、2248億円に拡大したとしています。

 今年度の業績見通しについてはいまだ発表できない中、東芝は夕方にも会見して、再発防止に向けた経営刷新の体制などについて説明する予定です。(07日11:11).
最終更新:9月7日(月)12時4分