ここから本文です

単純に足元業績からは、割高っとまでは言えぬけれども。

射出成形の取り出し機よな。
産業向けの設備投資分野だ。景気敏感寄りと見るが。

更に、規模 や 流動性 を加味すると。
要求される割安度合いに、リスクプレミアム上乗せが不足しているようだ。

PER 16~17 程度が許容されるのは、将来成長が続く前提ならばのことではなかろかね。
今は世界経済の不確実性がかなり高まりつつもあり。
多くの小型株の PER はもっと下方にある。
ここも更なる割安を要求されることだろう。

微量ショート継続で行く。