ここから本文です

決算短信にこう書いてある

こうした情勢の下、当第2四半期連結累計期間における売上高は、化学工業製品販売事業の販売が減少したも
のの、機械製造販売事業の販売が大幅に増加したため、前年同期比5.8%増の22,136百万円となりました。利益面
につきましては、機械製造販売事業が増収となったことを背景に営業利益が前年同期比28.9%増の1,700百万円、
経常利益が前年同期比27.3%増の1,713百万円となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比29.5%増
の1,151百万円となりました。