IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

瀬戸氏は日経ビジネスのインタビューで、CEO(最高経営責任者)に復帰した場合、シンガポールへの本社移転やMBO(経営陣による買収)を実施する考えはないことを強調したそうだ。これらの計画は瀬戸氏をCEOから解任し、自らその座に就いた創業家の潮田洋一郎会長が推進して、瀬戸氏と経営方針を巡って対立する要因の1つになったことが、日経ビジネスの取材で明らかになっている。

シンガポールへの本社移転やMBO(経営陣による買収)を実施した場合、長い目でみれば株価は上がり、株主の利益になったと思う。

けれども、日本の国家利益には、ならなかったと考える。

国家利益のために株主利益がつぶされたような気がしないでもない。