IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

コロナウイルスが流行った記念としてコロナ株を購入してはみたものの、本日届いた定時株主総会招集通知を熟読して、こちらの会社にはあまり将来性は感じられず売りを検討しようと思います。
二酸化炭素排出削減が叫ばれている昨今で、石油ストーブメーカーとしては高燃費効率の暖房機の開発は急務と思うが、そのような取組みをもっと本気を出して株主やお客さんに伝えていくべきだと思う。エアコンとかは消費電力が従来品より何%削減!とかいった宣伝をするがストーブでもそのような技術革新は常に必要だし、そこアピールポイントだと思う。
取締役の案件も、おじいちゃん、息子さん、お孫さん?みたいな同性の候補者が名を連ねているが、もうそういうことをやっている時代ではないと思います。このようなことをやっていて、10年後はあっても20年後はないと思う。従業員の将来を本気で考えるのなら、会社に余裕のあるうちに転換自己改革をしていくべきだと思います。お孫さんみたいな取締役なんて、何か会社の役に立つんですか?