ここから本文です

ここは米国の同業を全額借入金で買収するそうだが、
資産の評価、買収額の算定はどこに依頼したのか、知ってますか。
買収完了後に資産査定を行い、差額はのれんに計上します。
この「資産の査定」がクセモノです。東芝のような例もあり、
買収後に巨額ののれんが判明、赤字転落もありえる。
深追いはリスクが大だ。