ここから本文です

>>897

納入月翌月末起算120日手形、150日手形なんてのは製造業の世界では普通の話、なにも東海カーボンに限った話ではない。許容範囲は2か月なんて世間知らずの馬鹿じゃないかと思う。
特に鉄鋼業界なんて最も古い歴史を持つ業界。

これが、株主還元とどう結びつくのか?ピントがずれてる。
フォーミュラが債権の早期回収とは別問題でしょう。

要するに、経営者の株主還元に対する意識が希薄なのが一番の問題点でしょう。