ここから本文です

>>12288

確かに、現状ではビルドの今回の件の目的が、まだまだ分かりませんね。

ビルドのIR情報によりば、M&A資金には19億7400万円充てるようですが、
その程度の金額では、子会社化はできないですし・・・

それとも予定を変更して、第3者割当による調達資金の39億4800万からもう少しだすのかな?
最低でも15%以上持たなければ役員を派遣しようが業務提携により主な取引先になっても持分法は適用されない。
以上のことを考えれば最低でも現状の10%から15%、可能であれば20%まで買い増すでしょう。

まあ、最終的にはパラカがどう出るかですけど・・・

どっちにしても面白い展開が見れそうですので、パラカの株を手放すのは良策ではないですね。