IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

本日、東証の9割が下落するという全面安の展開。日経平均は-3.29%の下げとなりましたが、ガーラの下げは-3.20%と、わずかながら日経よりは下げが少なかったようです。ガーラの底堅さを表しているのでしょう。

大きく上がれば、短期的には調整、下落も仕方のないことです。上げ続ける株はないからです。しかし、傾向として、株式は上に行きたがっている。大相場が来ているのです。日本の株式全般に言えることです。弱気派は、千載一遇の好機を逃すことになるでしょう。