IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>986

そこが難しい所で…ある意味ワラントと同じ効果が出てしまうのがデメリット。株価が高過ぎれば株式報酬には向きません。安値の株価だからこそ業績上げる役員のモチベーションにもなります。しかし、株主犠牲の下に株価下げます。今回、たった9万株。年495000株上限のため、再び株式処分行うなら株価右肩上がりにはなりません。昨年の分割と以前の議案で譲渡制限付株式報酬で懸念はしてましたが、やはり売り込まれましたね。今の株価を底に上げては下げて、株式処分を繰り返す可能性もあります。