ここから本文です

4けたを目指すのであればヘルスケアなどの分野で目新しい話題がほしい。ROE改善に対する具体的かつ外国人投資家の目を引く、インパクトのある話題性が必要不可欠。

本決算を5月13日にひかえ5月1日の動きが気になります。おそらく追加緩和はないと思われる日銀金融政策決定会合直後の5月1日は連休前でどう動くか。またアメリカの格言であるsell in Mayがあるとすると5月下旬か。いずれにしても押目を拾うチャンスとも言えますか。GPIFの買い支えがあると思われる現状の日本株式市場でsell in Mayがあるのかということも個人的には興味あります。