IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です


「富山県」、「セルロースファイバー」
この会社が絡んでいる、と期待している。


2020年1月26日 20:00 日本経済新聞

工作機械のスギノマシン(富山県魚津市)は樹脂製造のタカギセイコーや富山県立大学と共同で、木材が原料のセルロースナノファイバーより繊維を太くするセルロースマイクロファイバーを開発した。繊維の太さが数マイクロメートルあり、表面のみをナノ化したことで、樹脂に添加した時の引っ張り強度が高いなどの特徴を生みだした。スギノマシンはセルロースナノファイバーの開発も手掛けているが、繊維が細く、樹脂への添加が難航していた。軽量化につながる新技術として自動車メーカーの需要を開拓する。