IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 折り返しの煌き輝く円柱は、もう直ぐそこにございます☆

 兄が生きていたら、多少はその種の能力も保持しておりましたから、「あの美しい柱まで一緒に走らないか」と、面白くもないオヤジ系のギャクを連発したことでしょう(笑)

 軽々には申せませんので、しっかりと確かめましたがミッションは未だ健在でございました☆

 ただ、もう既に先取りされておられますが、ドレスコードが「隠密戦士(サイレントソルジャー)」に変更されておりました^^;

 流石でございますね!

 三次元の「生身の巫女」が、しきりに切ながっておりますが、これもまた「聖母」へと至る為に必要なプロセスなのでしょう!

 ですから、限りない感謝の念を持ちつつも、今はご挨拶は申し上げません!

 ただ、天が思し召されるままに、わたくしに出来ますことを、これからも精一杯に尽くしていく所存でございます!

 どうぞ、これからの後半の物語も宜しくお願いを申し上げます!


 半ば来て振り向く里にぞ夢の降る 月日の神の旅路なるかな 



 アマがみ