ここから本文です

直近の今期業績予想は、当初の会社予想ではなく、四季報予想が正確だと判断すれば、

直近四季報予想 
連19.12予 13,200 1,420 1,420 1,230 106.8 43.84〜53.4
連20.12予 14,200 1,550 1,550  1,000 86.8  43.4

先ず今期4Q単体の売上予想は、逆算で(今期予想13.200 - 1~3Q合計9.673)
3.527百万となります。

1Q 3.222百万
2Q 3.239百万(1Q比 +17百万増)
3Q 3.212百万(2Q比 -27百万減)為替の円高による減
4Q 予3.527百万(3Q比 +315百万増)

◎やはり3Qの前受金が2Q比 109百万と大幅増だった事から鑑み、新規年払い契約数の増加が顕著で、4Q単体の売上増 315百万の予想は、1~3Qの緩慢とは完全に異なり、3Qの新規年契約獲得数(概ね4Q売上に反映)以上に、4Qも新規獲得している事が容易に想定出来ます。

社長の動画を裏付けとすれば、SSL販売 毎日600~800社増加、電子契約Ageeの急拡販、おみせアプリ導入 2000社から5000社に急増、来期本格販売のAWSの監視・運用代行など、又 電子証明書 昨年比4倍の1000万枚発行などが来期に本格寄与し、来期より発展の助走が始まると予想しています。

当社はストックビジネスの為、来期売上予想のアバウトな方程式は、4Q単体の売上を叩き台として計算出来ます。

4Q単体の売上高×4期 +(新規顧客獲得+新規事業売上)-(顧客解約)=来期売上

よって来期売上予想を
4Q単体売上予想 3.527百万円×4期=14.108+年間新規98百万増=14.200百万円と極めて保守的に予想されています(四半期 平均24.5百万増)

業績は、為替変動や特別損益等、読み難い面も有りますが、GS関連の売上が大きく伸びるなら、経費より利益の方が大きく計上されると予想しています。