ここから本文です

NYSEでのVisaやMastercardなどのフィンテック関連の大型株の急落が、日本のフィンテック関連株に波及したような感じで下落しましたね。アメリカも日本もフィンテック関連株はここ最近、軒並み大きく上昇しており、VisaやMastercardは最高値を更新したばかり。このタイミングで株価調整が起きるのはよくあることです。

Visa、Mastercardはともに、ここ3日間で最高値から6~8%ぐらい急落したけど、最近の株価調整は大きく下げる代わりに短期で調整を終え、再び上昇トレンドに復帰するようなパターンも多いです。昨日のNYSEでも株価は下げたものの、下げ幅は1%未満とかなり落ち着いてきました。VisaやMastercardの株価が調整を終え、上げ始めれば、GMO-PGの株価にも好影響でしょう。
フィンテック関連株にファンダメンタルズ的に懸念されるようなトピックが出たわけでもないし、中長期スタンスの投資なら今回の下落は、あまり気にしないほうがよいかも。

さて、YAHOOがZOZO株をTOBするというニュースが出ました。ZOZOの決済はツケ払いも含めてGMO-PGが担っているけど、将来的にソフトバンクペイメントサービスに移行するかもしれません。ただし、ZOZOの売上高は全体で年間1200億円弱、GMO-PGの決済処理金額は年間4兆3千億円だということを考えれば、たとえ移行したとしても、経営に大きなインパクトを与えるようなボリュームではなさそうですね。

さて、どうなることやら。
以上、中長期スタンスの話ですので、悪しからずw。