ここから本文です

>>324

元々のスタンスが違うから
話が噛み合わないね。

凄い材料が出せないから新株行使出来る
レベルに達しない、もし材料が出ても
PJFが鬼のように売ってくるから
高値掴みの人が助からないというのが
あなたの書き込みの要約。

俺の考えは、さっきの株価で買うのは
高配当、あわよくば売却益を狙う
ちょっと多目に買う個人と、新株を行使
させないレベルで壁を作れる、
大量保有報告義務が生じない程度の大口が
数人(数社)。
それでも今より需給は改善するだろうから
この辺まで戻るだろうという予想には同意。

長期で安定保有する大口なんて余程の
お友達以外はそもそもカーティスは
望んでないだろうし、持って欲しくない
相手が大量保有したら有利発行等で
防衛する可能性すらあるから、
そのリスクを考えたら数千万株長期保有とか
ちょっと考えにくい。
定款上あと2億株以上刷れるからね。
買収云々が少し前に議論されてたけど
上記の理由でまずありえない。

結果的には、材料出せないまま4年の
タイムリミットが来て、新株予約権が
行使できず、売り圧力が減って
株価が上がる、というもの。
これに基づくとあと4年は30~40、
オーバーシュート込みでプラスマイナス5円、
予約権が消滅すると急騰するんじゃないか、
という予想。
あなたの書き込みのその先を予想してるから
ニュアンスが異なるだけで、配当利回りや
大口云々を除けば書いてることには
大差ないように思うよ。