ここから本文です

【NQNニューヨーク=戸部実華】米半導体大手のマイクロン・テクノロジーが20日夕に発表した2018年12月~19年2月期決算は、売上高が前年同期比21%減の58億3500万ドルだった。メモリー価格の下落で大幅減収となったが、市場予想(58億160万ドル程度)は上回った。19年後半には業績が改善するとの見方も示し、20日夕の時間外取引で、マイクロン株は同日の通常取引終値を5%強上回る42ドル強まで買われる場面があった。