IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

外出自粛要請は「吉野家」「松屋」「すき家」にどんな影響を与えたのか 3月の実績が明らかに
4/7(火) 13:47配信

すき家の既存店売上高は92.2%(確定値、対前年同月比)、客数は91.5%(同)、客単価は100.8%(同)となった。松屋同様、客数の落ち込みが大きかったものの、何とか持ちこたえた印象だ。イートインの売り上げは減ったが、3月に投入した新商品やテークアウトの売り上げがプラス要因になったという。

 吉野家の既存店売上高は98.2%(確定値、対前年同月比)、客数は100.1%(同)、客単価は98.0%(同)だった。広報担当者は、テークアウト需要が高まったことや3月に投入した新商品が業績を下支えしたのではないかと分析している。