ここから本文です

>>1011

フージャースが事業の多角化と安定化の方向に梶を切ったのは、以前の倒産寸前の苦い思いでに加えて、廣岡社長さんの年齢もあると思います。


絶対に会社が潰れることなく低リスクで事業を安定的に拡張して、自身の配当を3臆、4億、5億と年々増やすイメージなのではないでしょうか。

創業者の株はよほどのことがないと売れないと思うので、配当は増やしても、株価の方は株価対策をして上げるモチベーションはそれほどないはずです。

会社が株価対策をしないので今後も株価が上がらないと思っているわけではありません。上がりにくい要因の一つにはなっているとは思いますが。

ここを長期で保有するなら、社長さん(の思惑)に付き合うつもりで持たないとストレスが溜まると思います。