IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

なるほど
確かに日中関係は複雑ですからね
もう20年近くに前に必死に勉強したところから少し足した程度の知識しかないですが
そもそもが、香港、上海、マカオの返還自体に無理があったと思うんですよね。
ある程度の裁量権を与えるといってもそもそもが政治形態が正反対なので

少しずつ溜まってきた軋轢が今崩壊している状態で頭の良い人はもう逃げ出してる状態です。
共産党はこれを契機に一気にマカオ、上海も含め全土一党独裁制に踏み切ると思っています。

じゃあ市場にある資金をどこに逃すのかという話になるんですが基本的にはアメリカに落ち着くと考えています。
日本では吸収、活用しきれない金額だと思いますので。

ただリスク分散のためにも台湾、日本にも資金は流れてくるかと
台湾にはかなりの親近感をかんじているでしょうし日本に対しても同じだと思います、政治体制も同じですし(日本の場合厳密に言うと社会主義的な要素が強いですが)在日の方がやられてる大きな会社も多いので投資の面でも見極めが付きやすいのかと思います。
先程言った地政学的な部分も大きいです

香港の体制や市場など観察していると感覚的なんですか日本とアメリカを足して2で割った感覚です。

ナンピンさんの言うように日本で全部受け入れることはできないと思いますが何割かは流れてくるかと
そこで6:3:1くらいでアメリカ:中国:日本と流れていた資本が7:1:2になるだけでも日本にとってかなりのプラス要素になるかと考えています

希望的観測も入っていますが…
なんだか稚拙な文章で申し訳ないです