ここから本文です

三栄建築、まあまあでしたね。

売り上げ+20% 経常利益+22%でした。
シード平和が、減益をだし、とっても足を引っぱった割に、
売り上げと経常利益が、同レベルの増益で終わったということは、
三栄本体は、売り上げだけでなく、利益も順調だったと言えます。

「売り上げは、会社予想をクリアしたが、
 経常利益は、会社予想をクリアしなかった」
と、証券会社の評価は、厳しい意見でしたが・・・

経常利益の予定100億が、94.3億で終わった、
主な原因は、三栄建築のせいではなく、
シード平和にあるので、親会社は許してあげてほしいです。
親はよくやったと思います。
(シード平和は、経常利益が、4億くらい下にブレた。
 個人的には、6億くらい下にブレたので。
 親会社単体でみると、決算はFailしていないと思われる。)

まあ、明日は、下がるのかもしれませんが、
PER5の会社が、20%増収増益を出したのであれば、
十分上出来だと思います。

PER5なら、「死なない限りかすり傷」といいますが、
「赤字でない限り、ポジティブサプライズ」なのではないだろうか。

20%増益を4回続けると、2倍を超えますし、(1.2の4乗=2.07
10%増益を7回続けると、約2倍になります。(1.1の7乗=1.95)
そう捨てたものではないはずです。