ここから本文です

>>14654

台風前の買い溜めは、しなかた我が家ですので、今オープンしたスーパーで平時の買い物して帰って来たところです。

今回はTVで、スリッパやペットボトル飲料水が窓に当たってもガラスを破壊貫通する映像を見せ付けられたので、
風が怖く、家族で交代で起きてることにする一方、ルーフバルコニーの手摺に、ゴムロープで縛り付けてあったストックボックスが気になって、さらに室内に搬入するなど、風が怖いのは、マンションでも一緒でした。
我が家は、8階ですが、実質我が家の道路に面した方の棟は、我が家一室だけの最上階風な構造で、3面窓がある構図のマンションなので、前記の画像を見せられたら怖かったです(笑)
自転車も飛んでくるとの放送内容でしたが、8階までは自転車飛んでこなくても、近隣のマンションの屋上の設置物なんかが剥がれて飛んできたら、北西側のルーフバルコニー側の壁面は、全面ガラス戸ですから、心配も。一応投資用で買ってた前所有者が、窓は特注で強化ガラスでオプション施工してたと説明は受けてましたら、金属が埋め込まれたガラスぎゃないですから、強化ガラスと言われてもwww

タダ、今回は、北東側は風下でしたので、想定したよりは風当たりも低く、途中からは余裕が芽生えましたが、
その一方、南東側の物干し場兼ねたバルコニーに面した窓は、ルーフバルコニーでもないのに、風圧が窓に直接感じて30分間は、怖かったです。。

おかげさまで、水害の心配はないといわれてる地区でしたので、風以外は、さほど気にならなかったので、まだ良かったです。

茨城の実家があったところも、利根川とはかなり離れてる町内ではもっとも高台の地区でしたので、子供の頃から水害だけは気にせずに育ちまして、大風後、利根川の鉄橋傍の同級生宅の見舞いかねた増水した利根川を見に行った記憶はなんどかありましたが。

いずれにしても、resさんのところも私のところも、大風去ってみると拍子抜けしたような結果で良かったです。

  • >>14655

    我が家でも台風に備えて食料品の買い置きなどは一切しませんでした。9時前にカミさんが出掛けましたが、早い帰りでどうしたのかと思ったら、今日は12時のオープンだそうです。

    表示しっ放しの江戸川のライブ画像、河川水位情報を消す前に、ちょっと見ようかと確認したらビックリ。なんと氾濫注意水位を超え、避難判断まで1mになっています。以来、小まめにチェックです。
    台風が去った後、水位が上がることは分かっていたことです。それでも、ここまでとは。画像では土手近くまで迫っています。この程度は車で橋を渡りながら見た光景です。
    10分毎、5㎝の上げ下げに一喜一憂。気が付かなければ心配せずに済んだのに。ここに来て氾濫はないでしょうが。

    テレビでの傘やスリッパが凶器になる映像は、甘く見てはいけないという気持にさせられました。物を片付けることの啓発になります。
    目の毒さんのお住まいが普段は快適なだけに、台風ともなると逆に心配になりますね。過剰な反応ではないかとも思いましたが、事情をお聞きすれば充分納得できることです。取りあえず、今回は良かったです。