ここから本文です

現役世代ですが、負担はもっと増え、給付はもっと絞られるんじゃないかと不安しかないですね。高齢者への給付もいずれ削減、ないしは、実質的な制限が加えられるかもしれません。
これまでのように国が一方的に負担を引き受けしている現状の制度は、財政破綻の恐れとともに大きな見直しへ?国がつぶれれば、現役世代も高齢者も目が覚める?
そうなると、経営者や地主さんにも「皆さん我慢しているんだ、あなた方も協力を」となり、その具体策に注意を継続する必要があるということでしょうか。
社会保障分野で金儲けなんて許せない、というメンタリティが日本には強いですから。