ここから本文です

 アニメ制作の京都アニメーション(京アニ、京都府宇治市)への放火事件は平成以降で最悪の参事となった。5月には神奈川県でバスを待っていた小学生らが男に切りつけられ死傷するなど、社会の安全が脅かされている。ハードとソフトの両面でセキュリティーニーズが一段と強まりそうだ。

 京アニは「けいおん! 」などのヒット作を手掛けてきた。今回の事件に先立ち、京アニには作品に対する誹謗(ひぼう)や殺害をほのめかすメールまで送られていたという。また、関連性に根拠はないもののインターネット掲示板に投稿された「犯行予告」とも取れる書き込みも話題になっている。

 IT時代において、悲惨な事件を未然に防ぐ手段としてネット監視は当たり前の取り組みになりつつある。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)監視を手掛けるイー・ガーディアン<6050.T>のほか、エルテス<3967.T>などが代表的な関連銘柄だ。