IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

20%の大株主である大和ハウスが69万4200株を売却した(大量保有報告書確認済)。
売却金額は39億5000万円、ほぼ40億円です。
大和ハウスは2007年2月に10億円、2008年7月に10億円、合計20億円この会社に出資しています。
つまり、今回の売却で大和ハウスは出資額の2倍を受け取ることになります。
今後、残りの株式がどう転んでも大和ハウスは損をしません。
わたしは今回の売却が大和ハウスの利益確定だったような気がします。
株式の原則から言えば、大株主の売りは素直に売りで従うべきです。
大株主は会社の情報を一番知っています。もし、今後、もしサイバーダインが急成長すると予想するのであればこの値下がり局面での売却はないでしょう。
インサイダー情報はないです(大和ハウスはそのような法律リスクは冒しません)。
ただ、「これぐらいでいいのではないか」という何かの判断があったような気がします。