IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

テクポイント、来期営業益4倍強に
カメラ用半導体好調


半導体設計を手掛けるテックポイント・インクの2019年12月期の連結決算(米国基準)は、営業利益が今期予想比4倍強の12億円程度になりそうだ。半導体需要の増加を追い風に、監視カメラ用の半導体の販売が伸びる。自動車の電装化で、車載向けの半導体も好調だ。

日本経済新聞