ここから本文です

言い方を替えると、株価で一喜一憂する人はここへの投資は向いていない。
新しいことにチャレンジする社風でもなければ、株主の方も見ていないから。
チャレンジも失敗も避けてマイルドに400年生き残ろうとしているので、配当狙いの長期保有が正解。