ここから本文です

米電気自動車(EV)メーカーのテスラでまた高位の財務担当幹部が退社することが、事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。

  世界財務・運営担当副社長のジャスティン・マカニア氏はテスラとたもとを分かつことになると、非公開情報を理由に関係者が匿名で語った。マカニア氏は10月7日がテスラでの最終日になることを、米経済専門局CNBCが入手した資料で確認した。

  テスラの担当者はマカニア氏に関するコメントを求める要請に回答していない。同氏はディーパック・アフジャ最高財務責任者(CFO)の部下として働く高位幹部の1人。今年に入りテスラでは幅広い分野で上級幹部の退社が相次いでいるが、財務部門が特に打撃を受けている。最高会計責任者に就任して1カ月足らずのデーブ・モートン氏が先週、辞意を表明した。3月には同氏の前任者に加え、財務部長兼財務担当副社長を務めたスーザン・レポ氏が退社している。

  12日の米株式市場で、マカニア氏に関するニュースが伝わると、テスラの株価は一時伸び悩んだが、結局4%高の290.54ドルで終了した。年初来では6.7%下げている。