IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>147

> 実は「関ケ原」という本が好きなのも
>
> 多分蕭何になぞらえなくても司馬さんは三成が好きだったと思います。

> 石田三成も義に厚い爽やかな大人物であったことは、
>関ヶ原の合戦の西軍に大谷吉継が参加していること(ハンセン病もしくは梅毒を
>患っていた吉継の顔面からこぼれた膿の入ったお茶を、膿ごと茶を飲み干し、
>美味しいので全部飲んでしまったからもう一杯茶を注いでほしい、と言った)。

「関ヶ原」は全部読みました。
そのエピソードは「三成説」と「秀吉説」があるようです。
映像作品としては加藤剛主演の物が素晴らしいんですが、
スカパーに入ってた時に録画してたのを、
初期化する必要に迫られて失くしてしまいました。
(秀吉:宇野重吉 家康:森重久彌 島左近:三船敏郎 大谷刑部:加藤幸治)

三成の肖像画は如何にも腹黒そうで悪意がありますね(笑)
(加藤剛を連想させるイケメン風のもありますが)
一頃よく使われてた「でっぷり太った頭巾の物」は見なくなりましたね。

  • >>158

    私も関ケ原は上中下全部読破しましたし、その時代の司馬さんの関連で功名が辻も読んでいますので、司馬さんの書きたいことは大体伝わっていますね。

    司馬さんも三成を主人公としながらも、家康の手法、戦術などなぜ勝ったかというところまで徹底的に家康を追っていると思います。

    司馬さんが家康を主人公にした「覇王の家」の家康像とは全然描き方が違いますので
    そのあたりはやはり司馬さんは三成を主人公としてその対比として家康を書きたかったんだとおもいますね、

    >映像作品としては加藤剛主演の物が素晴らしいんですが、
    (秀吉:宇野重吉 家康:森重久彌 島左近:三船敏郎 大谷刑部:加藤幸治)

    加藤剛さん主役の関ケ原は確か特別番組だったので配役人が豪華ですよね。

    家康・森繁久彌、本田正信が三国廉太郎、丹波哲郎の福島正則、どの配役も本当に豪華で、あれいっこで関ケ原はもう十分って感じです(笑

    >スカパーに入ってた時に録画してたのを、
    >初期化する必要に迫られて失くしてしまいました。


    HULUで前やってましたが、今はなくなってますね。アマゾンでも今は配信していませんが又その内配信されるかもです。