ここから本文です

>>539

色々と貴重な情報ありがとうございます。
このようなパワハラ研修はブラック企業にありがちだと思ってます。
ゼリア新薬のパワハラ研修で話題になり、遺族が訴訟を起こしたにもかかわらず、学究社の判断は問題なしということなのでしょうか。
それとも、和解か示談などなんらかの解決がされているのでしょうか。
裁判となれば当然、当事者である三宅も出廷することになるとおもうのですが・・・
相変わらずの研修ということは、トップの判断は、問題なしで今まで通り必要なものということですか?
トップの判断といえば、(身内と思われる?娘?)河端葵を20代で部長、新卒入社5年目で執行役にしていますよね。
普通、他社の大手とかで5年くらい経験を積ませて入社させませんか・・・
周囲もやりづらいでしょうし、いきなり部長とかになったら本人も居心地が悪いでしょうし、他の社員はモチベーション下がると思うのですが・・・
東証1部の企業というよりは、河端塾ですよw
経営者としての資質を疑ってしまいます

  • >>541

    おっしゃる通りです。
    就業規則自体はブラックではありませんが、体質としてはブラックだと思います。
    社長曰く「新卒を新卒の月給としては高額な金額で釣らなければ人材が確保できない」、とのことです。逆に言えば、新卒が2年目になった瞬間に用済みという意味です。ホームページに年齢別の割合が出ていたと思いますので一度ご覧になってみてください。この話を裏付ける証拠となります。
    三宅研修で以前起こったことについての詳細は、申し訳ありませんが持ち合わせておりません。ただ、特定の人物に目を付けて虐めるということがありました。
    トップの河端真一は、昨年出した本を読んでいただければどのような人物かはすぐにお分かりいただけると思います。
    経営については、手腕はどうなのでしょうね。思い当たるものはいくらかありますが、確かなことではない為曖昧な形で書いておきます。逆に言えば、明確に記載していることは確実なことです。