IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

国の借金、国の借金、国民一人当たり◯◯万とかいうけど赤字国債出し続けて借金してきたのは政府であって国民は銀行等を通して国債を買って、お金を貸している側だ。若者にツケを回すなではなく、若者にはその債権が回る。

問題なのは政府だが、増え続ける国の借金や増大する社会保障の財源を増税で賄っていくには額が大きすぎる。仮に消費税だと将来的には40%とか50%とかトンデモナイ税率になっていくはずだ。

基本的には経済成長して経済のパイをデカくする以外に円満な解決方法はないように思う。
この先人口が少なくなるからもう成長しない、てことはないんじゃないかな。シンガポールなんかもともと人口少ない。日本人の創意工夫次第。