IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>378

金のなる木をとうとうつかんだね。
任意組合の立ち上げがかなり遅れたので
かなり厳しいのかなと思っていた。
結果として予定の1億円を上回る1億1千万円は立派。
仕組みはこうだ。
新日本建物が新日本建物が理事長を務める任意組合に
三軒茶屋カルムを4、62億円で売却する。(価格表示あり)
そのうち1、1億円は一般投資家の投資資金。
従って、新日本建物の任意組合への投資額は3、52億円。
ざっくり言えば、3、52億円の投資で1、1億円の売却益を
確保する。
これを10件やれば11億円、20件やれば22億円の儲けになる。
うまく回転させれば、決算等で数字が欲しい時にSNTの都合で
売却益を確保できる。値引きを言わない確実な売却先を
ゲットするということか。
そう考えると、先行き4桁の株価もまんざら夢でもないだろう。