ここから本文です

負債である異常危険準備金の取り崩しはいったん利益。
保険金として現金が出ていくたびに暫定計上された利益が減少。
見込みがあってれば最終的に左右がバランスする。
異常災害前と利益水準は同じになる。
総資産(=負債+株主資本)は小さくなる。
異常危険準備金水準が過少になると現金は増えないのに積み増しする。
それは負債の増加であり利益減で左右をバランスさせる。