ここから本文です

今回は、非常に異例のパターン

今迄は、借りる方に、信用がないのに、スルガ銀行は緩く貸していたので、
借りる方に、責任がある

しかし、今回は、借りた方は良識ある、信用性も十分な方
スルガ銀行は、
保証会社が30年保証する前提で、認識している良識人が借りた

よって、借りた方の責任以上に、借りた国民を助ける必要がある

この天秤にかけて、金融庁は判断を下す日が

  • >>631

    今回は、教科書に載らない 非常にレアなケース

    自社株を買い支えるよりも

    現在、スルガ銀行が返済軽減しても 元本は維持しているので

    元本も返済軽減する方が、自社株を買い支えるよりも、回復するかどうかを

    天秤にかけているところだ

    一気に、大口が入ったら インサイダー発表 数分前ってところがポイント


    > 今回は、非常に異例のパターン
    >
    > 今迄は、借りる方に、信用がないのに、スルガ銀行は緩く貸していたので、
    > 借りる方に、責任がある
    >
    > しかし、今回は、借りた方は良識ある、信用性も十分な方
    > スルガ銀行は、
    > 保証会社が30年保証する前提で、認識している良識人が借りた
    >
    > よって、借りた方の責任以上に、借りた国民を助ける必要がある
    >
    > この天秤にかけて、金融庁は判断を下す日が