IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

足元の米国金利の低下はメガバンクをはじめとする本邦金融機関の買いの影響が大きいが、それが巡り巡って銀行株の売りに繋がるとは皮肉な話。もう一つ言わせてもらうと、米国金利が反転、上昇傾向となった途端に慌てて投げ売りし米国金利の急上昇に拍車をかけるのもメガバンクの常。その時は反対に銀行株が買い戻されるのだから変な話。