ここから本文です

>>919

ここは、決算発表前までにかなり下落が進んでいます。

ということは、業績の悪化を先回りした売りが入っていたと推測されます。

買い方をベースとした株式投資の格言で、
「株価は自分の重みで下がる」(自分の売りで下落する)
「株はウワサで買い、事実で売る」
(ウワサが流れたら仕込み、決算などの事実が確認出来たら反対売買で決済する)
というものがあります。

従って、今回のように昨年以降の不況を見込んだ株価の下落は、
不況=業績悪化というウワサで空売りし、
来期の減益と減配予想という事実で買戻しをすることになります。

このような売買がなされ、良くない決算で株価が上がるのを、
相場用語で「悪材料出尽くし」による上昇と呼びます。

こうした展開は読み難い面もありますが、相場では良くあることですので、
決算前までの株価の推移と合わせて考える必要があります。

更なる急激な業績悪化がなければ、文字通り「悪材料出尽くし」となりますので、
SBIのレーティング「買い 目標株価 1,000円」はそんな見立てでしょう。

慌てずにじっくりと構えて、良い投資をして参りましょう!