ここから本文です

これから、電気は、家で作る時代になるそうです。
電気代がかからない家が急増中みたいです。
コンドラチエフ波は、スマート家具と、発電設備が引き起こすのではとみてます。
それだけでなく、便利なものがぼこぼこ生まれており、
日本市場は、特に、大注目されているようです。
ただ、ちょっと、あがりすぎてしまったようで、
バブル認定ではないでしょうか。
バブルのつけは、不良債権です。
今回は、土地ころがしにお金は、流れてないようですが、
かぼちゃの馬車のような甘い審査での融資がどうも横行していたようで、
結局、不良債権問題が深刻となると予想してます。
日本より、問題は、アメリカなのではないでしょうか。
めちゃくちゃな融資の問題が噴出しまくるのではないでしょうか。
株価が上がったら、銀行は、融資の枠が増えるそうです。
株価が下がったら、融資は、しにくくなるそうです。
今後、株安が続けば、貸しはがし、連鎖倒産、抵当不動産の流入で、土地価格の下落が
心配されます。
こんなとき、資金は、安定資産の債権に流れるというのが定説だそうなのですが…