ここから本文です

個人株主しかいない銘柄となりました。
個人株主がいくら損をしようがしったことではないだろうし、そろそろ清算処理かと。
大前先生が言っているのです。間違いありません。

ぐずぐずしている間に、運転資金枯渇してしまうのが先かもしれませんが。