ここから本文です

最寄り駅にイオンがあるので、5000円分の優待券は魅力的だと思って年初に買いました。もとから値上がり益は期待していません。

先日、優待券が到着したので、さっそくイオンに行って、1000円分使用しました(この時は「1000円以上」との記載しか気が付きませんでした)。帰宅後、優待券をよく見ると、「1000円以上のお買い物で、1000円ごとに1枚(100円)使用できるとあるのに気が付きました。この時は、決まり事通りではなく、運用を柔軟に行っているのかなと思いました。

ところが、今日イオンに行って1000円分使用としたところ、「1000円につき100円の使用となります」と言われました。券に記載されている通りなので文句を言う権利はありませんが、一言、「人によって運用が異なるのですね」と申し上げたら、何とも言えない笑顔でさらりとかわされました。

要するに、申し上げたいことは2点です。
・ここの株主優待を「5000円分の優待券」と称するのは間違いとは言いませんが、「1000円ごとに使える10%割引券が50枚」と言った方が正確ではないかと思います。
・レジの担当者によって取扱が異なるなど、このグループは大丈夫なんでしょうか?また、決め事とは異なる使い方をした際に、エラーメッセージが出るようなレジでなくていいのでしょうか?

もしかして、事情を知らずに購入したバカ者は私だけかもしれませんが、今後、優待目的で購入を検討されている方、ご注意ください。頻繁にイオングループの店舗で買い物をされる方なら全く問題ありませんが、めったに買い物をされない方は、有効期限が1年余りですので特に注意が必要です。