ここから本文です

>>2

【 SWLiteの強烈さ 】
~人類史上初の全く新たな2つの互換性♪~

ロンチ期に大量のソフトを揃えるのは後方互換でも可能だが
その機能を追加する為に、開発・製造に余計なコストが掛かる
イニシャルは勿論、ランニングでもず~っと利益が削られっ放しになる
その上、利益を削って必死に後方互換機能を付けても
「じゃあ新型値下げまで、しばらく現行機のままで良いや」という流れを呼んだり、「折角金出して最新鋭機種買ったのに何でわざわざ古いソフト買うんだよw最新機能をMAXまで活かした最新鋭ソフト以外当然要らん」という層には、結局一切効果がない
経営が掛かってるサードは当然、ユーザー以上に手厳しい
下手すりゃ「後方互換あるから現行機専用で出せば、新型・現行機両方のユーザーに売れる。累積台数の強みがあり、開発ノウハウも確立してる現行機専用で作った方が遥かに安く速く手堅い」と、新型専用ソフトどころか、いつまでも現行機専用ソフトを出し続けられてしまう
後方互換にはこういった弊害がある
しかし、SWLiteは旧来の後方互換ではなく、時間差が一切無い「同時互換」と呼ぶべきゲーム史上初の全く新しい形態なので、これらの弊害とは無縁♪
更にSWLiteはDS、3DS需要をこれから満たしていく携帯専用機なのに、TV出力機のゲームがほぼ全部遊べる
SWLiteは「TV出力機-携帯専用機互換」という、これまたゲーム史上初の全く新しい互換性をも兼備している
これはWii-DS時代、U-3DS時代どころか、SFC-GB時代にまで遡っても無い。それどころか世界中の他社を見ても無い
要するに、人類史上初のビジネスモデルだ
DS、3DS需要をこれから満たしていく携帯専用機でありながら、ソフト開発を別ラインで行う必要がない
移植が容易、などというレベルを遥かに超越している
当然である。移植不要なんだからw全く同じ物で良いんだからw
SW用1本の開発費で、SW、SWLite、どっちにも売れる
これは自社は勿論、サードにとっても夢のような話である
今まで以上にSWにソフトが集まってくる
当然だ。これはサードにとって、乗らなきゃ損、滅多にない夢の宝話なんだから♪
「同時互換」と「TV出力機-携帯機互換」
SWLiteが持つ、人類史上初の全く新たな2つの互換性
これはデカイ、想像を絶するほど非常に非常に非常にデカイ