ここから本文です

今日もまた気になる値動き、ようやく見直し評価買いが生じているものと判断されます。いまの地合では出遅れ銘柄の底上げが当分継続するものとみています。最後の循環相場にあるものと考えるのが妥当。そのあとはどうなるのかは神様のみ知る世界。