IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

朝日新聞デジタル記事

ーーかつては世界をリードした日本の半導体 復活に「10兆円は必要」ーー
                    2022年2月7日 18時12分

熊本県にソニーグループと合弁で工場をつくる台湾積体電路製造(TSMC)
への補助金の条件など、政府の半導体支援の枠組みが固まった。
かつては世界をリードした日本の半導体産業は復活できるのか。

――TSMCの工場への補助金など半導体産業のために政府は6千億円超の
  支援をします。

「復活に10年かける覚悟で取り組み、10兆円は必要だ。
TSMCを中心に技術的な基盤をつくり、日本が遅れている(演算処理する)
ロジック半導体に本腰を入れる必要がある。
最初の5年間で人材を含めて技術をそろえ、後半5年で軌道にのせる。
最初は政府が中心になって支援し、その後は民間の資金を呼び込む流れを
つくるべきだ」

――巨額支援に対する国民の理解は得られますか。

「政府は経済安全保障という観点から半導体支援を訴えているが、ただ
危機感を強調しても国民は動かない。
半導体の技術がどういう産業に生かされ、雇用がどう増えて国が豊かに
なっていくのか。
少子化を迎えるなか、日本の産業が競争力を維持するには基盤技術の核と
なる産業が必要だということも合わせて、国民に丁寧に説明しないと
いけない」

――TSMCの工場建設をきっかけに半導体復活は可能でしょうか。