IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>733

「プライベートジェット」活況、コロナ禍で問い合わせ3倍も 密防止・時短で高まる需要【空の旅の新常態】ANAホールディングスと双日が合弁で立ち上げた「ANAビジネスジェット」。2018年7月に設立されたばかりだが、1年目で黒字を達成し、2020年4~6月期の売上高は前年同期比260%で黒字だった。「出張で使ってみたい。いくらで利用できるか」といった問い合わせも、19年に比べて約3倍に増えたという。本田技研工業(7267)の米国子会社ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は現地時間2月19日、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の2019年通期(1-12月期)の引き渡しが36機(前年同期比1機減)となり、3年連続で小型ジェット機カテゴリーの世界最多納入

  • >>778

    個人利用が解禁!ホンダ、燃料電池車「クラリティ フューエル セル」の個人向けリース開始いよいよホンダの燃料電池車が個人ユーザーへ
    ホンダはいち早く水素の可能性に着目し、30年以上にわたり水素技術ならびに燃料電池自動車の研究・開発に取り組んできた。

    2016年3月に発売したCLARITY FUEL CELLは、セダンタイプで世界初の5人乗りを実現。自治体・企業向けへのリースを通じ多様な意見・要望を収集し、2019年12月には一部改良を実施。

    ユーザーの日常使いや走行性能といった各データの検証や、水素ステーションの拡充状況と販売検討を進め、今回、個人向けにCLARITY FUEL CELLのリース取り扱いを開始することになった。