IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

こういうときは実際は大体優先株だから、詳細は読まないとだけど、
「既存株主にとっての企業価値」、つまり株価という点では、
単純な増資の場合と同じと計算してよいの、基本的に。
ただし細かくは、議決権その他で権利が制限される分、純投資的には優先株は有利だから(配当とかね)、既存株主的にはその分さらに割り引かれる感じなの。
じゃあ何のメリットがあるかというと、支配権は維持されるから「経営者」にとってはありがたい話で、要は「一般個人株主は俺の財布」ということ、つまり信元ウハウハ、ということなの。


純投資で利益出すために出資する支援者、ということは計画通り行ったら近いうちに売るの。その分の売り玉が振ってきて需給的には絶望・・・となるのだけど、
これは優先株だと市場で降って来ない事も少なくないの。その点は安心なの。
ただその場合は、キャッシュで償却することになるから、つまり200億の借金を新たに今回したのと同じことなの。

ちなみに今日の意図的リークでS高で飛びついた短期投資家、この分の売り玉は普通に振ってくるのw